お金と言うのは不思議なもので、我が家だけかも知れませんが、良い時は全てが良い方向に行きます。

父は自営業なのですが、景気が良い時は私の会社も順調で、家を購入すれば住宅控除があって、貯金を意識しなくても、口座に加算されていきます。しかし、悪い時も我が家は重なってしまいました。

父の自営が傾き始めると、私の会社も不況から給料カット、ボーナスカットになってしまい、気がつけば住宅控除も10年が経ち、終了してしまいました。

良い時に組んでいたあらゆる分割払いの支払いが回らなくなり、生活を回す為に、カード支払いが増え、気がつけば、8年で500万円以上の借金を抱えてしまう事になってしまいました。

会社に行けば、下を向くようなニュースばかりが耳に飛び込み、家に帰れば、夫婦の会話と言えば、お金の話です。

もうおかしくなりそうでした。

そんな時に法律事務所を紹介してもらい、大袈裟かもしれませんが、債務整理の事を知らなかった私は、家がなくなる事を覚悟しながら、相談に行きました。

しかし、今の法律は、借金を抱えている人を救済するものが、多くある事を知りました。心がどんどん軽くなっていく自分がいました。

自分では知らないうちに、頭の中は借金の事ばかりだった事を知ると同時に、もっと早く相談をすれば良かったと後悔しました。

しかし、この時に債務整理をしたから、お金のありがたみがわかったのだと確信出来ました。だから、今では後悔ではなく、感謝しています。

そして、借金で悩んでいる方は身近にいがいと多い事にも気がつきました。そんな人達に何かアドバイスができればなと今は強く思っています。