自分が大きな借金をするまでは、当然、借金をした事がなかったので、まったく違う世界の話でした。

しかし、借金と言うのは、まじめに生きていた人でも遭遇するものです。

私がそうでした。生活が回らず、補填をカードに頼り、気がつけば、大借金へと膨らんでいました。負の貯金の様に積み重なって、雪だるまの様に大きくなっていくのが借金なのだと実家しています。

そんな時に、借金をした事がない人は、責任転嫁をしたり、自分は悪くないと言う理由を探し始めます。sじかし、何も解しません。

むしろ、そう考えている時間が無駄だと私は経験した教訓として残っています。まずは、自分の問題だと、真正面から借金と向き合う事です。

そして、今は昔と違って、そういう債務に悩んでいる人を守ろうとしてくれる選択肢があります。ただ、その選択をする為には、法律事務所に相談に行かなければなりません。

私も抵抗はありました。

しかし、相談すると言う自分にとって、大きな決断をする事で、借金に対して、真摯に向き合い、必ず返そうと決意出来ます。

なぜ、決意出来るかと言えば、相談する事で、自分に勝ち、相談する事で、心が軽くなるからです。

そして、個k路に少し余裕が出来た時、反省する所は反省し、純粋に前を向く事が出来ます。

悩む時間も行動する時間も同じ時間が流れます。

ならば、まずは相談と言う行動から始めてみて下さい。