多重債務に苦しむ方々が支払不能状態に陥ると、やむを得ず債務整理をする必要性に迫られる。その時の選択肢として、弁護士に依頼をするか、司法書士に依頼をするか、という点がある。そこで、弁護士と司法書士、どちらに依頼するのがいいのか。結論から言えば、専門家の能力にもよるが、法制度という文脈からは、司法書士より弁護士に依頼をするほうがベターである、と言えるだろう。その理由の一つに、「裁判で相手方に請求できる金額はいくらまで可能なのか」という点がある。

債務整理をして、仮に過払い金(支払い過ぎた利息を取り戻すことができる)が発生した場合に、弁護士であれば、その金額がいくらであれ、依頼者を代理して訴訟をすることができる。つまり、簡易裁判所管轄(訴額が140万円以下の事件)でも、地方裁判所管轄(訴額に制限なし)でも、訴訟をすることができる。

それに対して、司法書士の場合は、たとえば過払い金が200万円あると判明した場合に、200万円を請求する訴訟を地方裁判所に提起する代理権はないのだ。あくまで、司法書士のうちで簡裁代理権を持つと認定されたものだけが、簡易裁判所管轄、つまり、140万円以下の訴額の事件について、訴訟代理をすることができるに過ぎないのである。

この点は一般人には非常にわかりにくい制度である。司法書士であればいくらでも裁判ができるように思っている方々が多いと思う、しかしながら、この点は非常に重要なので、誤解しないでいただきたい。

簡潔に言えば、弁護士は無制限に裁判をすることができるが、司法書士の場合は金額に上限設定があるのだ。