任意整理とは、裁判所を介せずに借入先と返済について和解をする債務整理の手続きの1つです。

任意整理を弁護士や司法書士に依頼をすると、利息制限法による計算が行なわれます。このため、利息制限法に定められた利率以上の利息を支払っていた場合には、払い過ぎた利息が元本に充当されて債務額が減少します。また、完済まで生じる利息、いわゆる将来利息をカットすることにより和解金額以外の利息は発生しません。

しかしながら、近年では貸金業法改正により利息制限法に定められた利率での貸付がほとんどとなっており、借入期間の短い債務については利息制限法による計算が行なわれても債務額の減額があまり見込めません。

このため、例えば債務額が150万円で弁護士に依頼をし、和解総額が130万円、弁護士費用が総額30万円、任意整理を依頼したことによりかえってお金がかかってしまったというケースもあります。

もし借入期間が短かったり、ショッピング利用が多かったり、利率の低い借入ばかりで任意整理をする際には、弁護士や司法書士に相談をする時点で費用をきちんと確認し、かえって費用がかかってしまう可能性があることを知っておく必要があります。そのうえで、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると督促がストップしたり解決の目処がたつなどの精神的なメリットがありますので、金銭面以外でのメリットも考慮に入れて債務整理を検討してみるとよいでしょう。